«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 25 | 26 | 27 || Next»
Category: 伝統について
Posted by: tachibana
前回(去年の5月)書いた中で「伝統とは常に更新されなければならない」ということを書きました。そして、更新されない伝統派博物館の展示物のようなものにすぎず、古典的価値はともかくとして使い物にはならない、そんなものになってしまう、ということも書きました。

伝統を更新することについて多少の具体例を挙げて説明をしましたが、今度はもう少し大きな視点でこのことをもう少し書いてみようと思いました。

よく伝統や伝統を大事にする人、あるいはその行為自体を否定したり、革新もしくはそれに近いキーワードで古いものを時代遅れと決めつける人がいます。しかし、それは伝統を更新するのではなく、単に
「伝統を理解できずに反抗期の子供のようにいきがっているだけ」

というのがほとんどです。

そういう人にこういうことを言うと「伝統なんかわかっている。その上で自分たちはものを言っている(もしくは活動している)」というような反論をされることがままあります。しかし、そういう人に伝統をどれだけ知っているのかを具体的に問うと、伝統に触れた気になっているだけでまるでわかっていないということがほぼ例外なく言えてしまうことは歴史的に色々な世界で繰り返されたことです。

伝統を不勉強で知らないくせに知ったかぶりで新しい時代を語る人は今までも多く現れては消えて行ったのです。伝統を破壊したり、伝統を新しいものに更新するには、伝統を熟知していなければできないということに気が付かない。そして、そういう人は最後まで気が付かないのです。

こう断言すると反感や反対意見を持つ人は多いと思います。また、私のこういう姿勢を年寄りじみた古臭い考え、という人もいるでしょう。若い頃の私もそういうタイプだったのでよくわかります(笑い

でも、もし私の言うことを否定するなら、例えばですが、今でも60年安保闘争の学生組織が当時以上に健在でなければいけないということになります。彼らは古い体制(これはある意味伝統と同じです)を否定し、新しい体制を声高に叫び立ち上がっていたのです。では、今現在どうでしょうか。これを見ている人の何割が当時の主役たちのことを支持していますか、と問いかけたいのです。支持している、支持していない以前に、これを読んで下さっている人達のほとんどはせいぜい、歴史の教科書にあった気がする、程度でほとんど何も知りもしないのではないでしょうか。

これは伝統を無視したり、伝統に対して知ったかぶりして「革新性」や「新しさ」を旗印に伝統に対して戦いを挑んだ人たちの「完璧な敗北」に他なりません。歴史の中に埋もれ、誰にも見向きもされない革新、伝統はまだ「古臭いと言われつつ存在」していますが、その伝統に戦いを挑んだ革新はその存在と記憶すら消し去られているのです。

かくいう私も伝統などを「古臭いもの」と否定し、革新の名のもとに政治活動をしたこともありました。安保闘争の主流派の流れのセクトで活動したり、のちに(これは偶然でしたけれど)当時の全学連の委員長ら幹部だった方と一緒に仕事をしたこともあります。そうした実体験や、生の話、そしてその後の実情などをリアルに体験し、見聞きしてきたわけです。その経験から、彼らや私の敗因が「伝統を知らずに伝統に立ち向かったことだ」ということを色々な角度から検証することになり、それを痛いほど実感しました。

一時の熱狂は簡単です。
それを創るのも簡単です。
また、それはとても新しく、活発で未来に続く素晴らしいものに見えることがあるのも事実です。
また大変勢いがあり、華やかにも見えるでしょう。

でもそれは歴史の中に消えていくあだ花に過ぎないのです。
根のない花はやがて無残に枯れていくのです。

結局、伝統をしっかり学び、伝統の中にしっかりと入り、伝統の堅苦しさやくだらないしきたりなどを経験し、伝統を熟知するという経験をしていない限り、伝統を乗り越えたり、破壊したり、ましてや更新して「新しい伝統を創る」ことなどできないのです。

これは魔女の世界というだけの話でなく、文学、芸術、学術、宗教、政治等々、どんな分野に対しても共通して言えることなのです。そしてそれは歴史がそれを雄弁に語っているのです。

私はあらゆる分野において声高に呼びかけたいのです。

「若人よ、伝統を謙虚に学び尽くし、知り尽くし、そして新しい伝統を創り出せ!」

と。

(3に続く)

02/26: 魔女入門

Category: ☆お知らせ☆
Posted by: tachibana
ぐぐたすにコミュニティが作れることに今更気が付いたので、作ってみました。

コミュ名は「魔女入門」というとんでもなくベタな名前です(笑い

魔女になりたい、などの人が、気軽に色々な質問ができたり、人の質問と回答を気軽に眺められる場所、というつもりで作ってみました。
一応認証式にしてありますが、とりあえずスパム対策、という意味です。

ぐぐたすをやっていらっしゃる方はぜひのぞいてみてください。
(まだなにもありませんが・・・)

内容や運営方針などは集まった方のご意見・ご要望を伺いながらみんなで作っていけたら、と思っています。
Posted by: tachibana
先日ある魔女の友人と、伝統と革新などについての話をすることがありました。
魔女を名乗る人の中には時々妙に「自称革新派」のような感じの人が出てきます。

「自分たちが新しいものを創りだす」
「自分たちが今までの古い体質を打破する存在だ」

というような感じですね。

こうした人の魔女観(?)はどうも「一部伝統派魔女にあるような、魔女=rebel、というのがメインになっているのではないか?」という話が出ました。これには私も全く同意見で、その通りなんだろうな、と思いました。

そして、そういう人は誰かから批判されたり疎外されたりするほど、それこそが「自分たちが本物である証拠」という感じになってしまうことが往々にあります。

もっとも、これは魔女に限らず、どんなジャンルでもそういう思いに突き動かされる人は存在してきましたし、そうしたカルト(否定的な意味ではありません)やセクトが現れては消えて行ったのも歴史の中でよく見かけるものです。日本の学生運動や市民運動(これもよくわからない言葉ですが、それはさておき)の歴史などを見るととてもわかりやすいと思います。

私自身、若気の至りで10代後半から20代前半の頃、蘆花の言う謀反人気取りで愛国ゆえの左翼活動をやっていた事もありましたので、ジャンルを問わず革新的な考え方に「シビレっちゃう」という気持ちはわかります。それはそれは、痛いほどに理解できます。

こうしたものは麻疹のようなもので20歳前後までにかかって、そして卒業するのがある意味健全なのだと感じます。今そうしたものに「かぶれる」対象がどのくらい世の中にあるのか?という問題はありますが、もしそうできる対象があるのなら、それはそれで若いうちにしっかり「かぶれて」おくのはぜひ経験しておくべきことでしょう。

でも、そうした若さゆえの熱狂のようなものに動かされ、酔っていてもよいのは「やはり若いうち」なのだと思います。ある程度の、つまり青少年という年代ではなくなってからそれをやっているのはちょっと厳しいものがあります。砕けた言い方をしてしまえば

「いい年して、しかもこの時代に、というのはダサくて痛いでしょ」

という一言につきてしまうのでしょう。麻疹と一緒で大人になってからだと重症化して後遺症を残すような感じかな、というのは言い過ぎと言われるかもしれませんが正直な感想です。

結局、反逆とか謀反というのは、絶大な強敵が「体制として存在すること」が必要なのです。それに徒手空拳で立ち向かう「自分のドンキホーテぶり」に無自覚かどうかは別として酔っているからこそできる部分というのも結構あると思うのです。

例えば、海外の魔女ならその流派を問わず、キリスト教という絶対的な体制があるわけで、だからこそ「反逆者としての魔女」が成立するわけです。

ところが日本ではそれができないのです。
なぜならそれほどの強敵がそもそもいないからです(笑い

それを言ったら、魔女に限らず、日本ではこうした革新的なものは「できないに等しいくらいに難しい」のです。だから、政治活動でさえも戦後から昭和の後半くらいの時代のような先鋭化ができなくなったわけです。そもそも学生・市民左翼運動がそれなりに存在しえたのは中曽根政権までです。逆に言えばそれ以降の自民党政権などは「反逆や謀反の対象」として相手不足になってしまったからなのです。

なので、今日本で反逆者は謀反人になるのは極めて難しいと思います。ジャンルを問わず、ですが。

そんな話題が同年代の相手でも、若い人相手でも出るといつも思うのは、自分の中に革新というものがあると思うなら一度、徳富蘆花の謀反論などを最低限読んで欲しいなぁ、と思います。そして反逆者、謀反人になるには芯が通っている上で命がけでの覚悟すら時として要求されるということを一度は学んでほしいと思います。そして、それほどの対象が今の世の中にはほとんどない、ということもわかってほしいな、と思っています。
(それはそれで私にとっては心底寂しいことなのですが・・・)

私自身、革新から保守へと自分自身が変節していく経験をしました。しかし、それは決して芯がぶれたわけではなく、自分の国や自分の子供たち、孫たちの世代にどんなものを手渡したいのか?と考える中で、方法論として変わっていったにすぎません。

言ってみれば革新から革新的保守、過激思想から過激な穏健派への成長という感じなのかもしれません。この辺の感覚は以前このブログで書いた私の伝統というものの理解を参照して頂けるとわかっていただきやすいかもしれません。

これからも、それこそ世紀をいくつ超えても、国内で、あるいはもっとグローバル化された時代には世界で、同じように「自称革新派」の人達は様々なジャンルで出てくるでしょう。そうした人たちは自分の芯がどこにあるのか?ということを問い直してくれればいいな、と思っています。そして変節を恐れず、その芯に忠実にあって欲しいとも思います。

そんなことを話、考えながら

「私もまだまだ老いるわけにはいかないな」

とちょっと思いました(笑い

ともあれ、徳富蘆花の

「新しいものは常に謀反である」

という言葉の深さと重みをしっかり噛みしめつつ、また、若い人たちと一緒に噛みしめながら、私自身まだまだ「謀反人」であり続けたいな、とも思うのでした。
Posted by: tachibana
今回の事件についてどう思うか、というご質問を色々な方々から頂きました。
ここで、今現在の状況で私の思うところを書かせて頂こうと思います。

この件についてはイスラミックセンタージャパンが今回の人質についての声明文を出されています。(リンク切れ等の問題があった時の為に本文の一番下に引用もさせていただいてあります)

個人的感慨を言えば、第二次湾岸の時にお邪魔した時が懐かしくそして同時に「また何もできない」という悔しさと共に思い出されます。

あの時も、イスラームが日本国内で大きな誤解を生んだ時でした。
そして今回は日本人自体が直接かかわる問題なだけに「遠くの戦争」以上に大きな誤解を広く生みそうな心配をしています。

イスラームは名前からして、テロなどとは本来全く無縁のものです。

それを一部の狂ったテロリストたちという負の一面だけを見て

「それをイスラーム全体、ムスリム(ムスリマ)個々人とを間違っても結び付けない」

ということが大切です。

この声明が広く日本国内に知れ渡り、不幸な誤解を生むことなく、イスラーム関係者のみんなと手を取り合って、卑劣なテロリズムに立ち向かう心づもりを共有しましょう。

さて、
人命が大切か?
テロとの対決姿勢を明確に出すべきか?
等々、色々な議論がありますし、どの意見も(集団的自衛権や原発などという無関係なものと結びつけたり、政権批判をしたりとかいう「関係ないことをしている」意見はこの際「能力的に事態を理解できていない人たちのわけのわからない話」ということで除外しています)正論ですし、正論同士の矛盾があるのも事実です。

しかし、本当に大切なことは、

「私たちにとって共通の敵はテロリストである」

ということです。

日本ではイスラーム自体があまり理解されておらず、色々な誤解をしている人が多いのも事実です。
イスラームを国の主な宗教としない国々では、ムスリム相手の迫害などもあるようです。
しかし、日本には幸いそういうことはありません。

テロリストたちがイスラーム国などという名前を自称しているために、一番迷惑をしているのはイスラームの人達です。

私たちは彼らと手と手を取り合って、みんなで「テロを許さない」という強い意識を共有することこそが大切なのです。

テロリストが狙うのは極端でシンプルな言い方をしてしまえば「私たちの分断」です。

私たちが手を取り合うことを、そして彼らを認めないという一点で団結することを恐れているのです。

そして、それは必づ彼らを滅ぼすものになります。


一人一人の力は取るに足りません。
一人一人ができることも取るに足りません。
しかし、そうした私たちが手を取り合い、心を開きあって一つの方向を見つめる時、どんなものにも負けない力を生み出すことができます。

私はかように考え、それを「この事件をどう思うか?」というご質問への現時点での回答とさせていただきます。

人質のお二人の無事をお祈りしつつ。


☆以下にイスラミックセンタージャパンの声明文を引用させて頂きました。
ぜひ皆さん、ご熟読ください。

(引用開始)
Islamic Center Japan
イスラミックセンタージャパンは、2人の日本人の人質を殺害するというイスラム国の脅迫に対して、抗議します。

(2015年1月22日 東京にて)
イスラミックセンタージャパンは、2人の日本人の人質、後藤健二さんと湯川遥菜さんを殺害するというイスラム国の脅迫に対して、抗議します。イスラム国は数カ月に渡り、彼らを人質として拘束しています。

我々は、イスラム国が重大な過ちを犯しているとみなしています。そして、イスラム国が良識的な意見に耳を傾け、人質を即座に且つ無条件で解放するように要求します。

上記を主張するにあたり、以下の様な理由が挙げられます。
・日本は、パレスチナとイスラエルが紛争をしている際に、パレスチナに対して支援をする等、多くの場面において、相対的に公正な立場をとってきました。欧米社会から激しい圧力があったにもかかわらず、日本は長年このような公正な姿勢を貫いてきました。
・日本はパレスチナにとって、最大の援助国です。ガザ地区、及びヨルダン川西岸地区において、数多くの復興プロジェクトを実施してきました。それらは、日本政府及び日本の団体からのみの資金援助によりなされてきたのです。
・日本では、我々イスラム教徒は平和的に過ごしています。欧米諸国で見受けられる様な、イスラム教徒に対する差別やハラスメント、そして屈辱を受けるといったことも、日本ではありません。ヒジャーブ(頭につけるスカーフ)やニカーブ(目以外を覆い隠す格好)をしたイスラム教徒の女性に対して、危害を与えるといったような事例は一つもありません。
・日本にいるイスラム教徒は自由に宗教活動を実践しています。モスクを建てたり、イスラム教の啓蒙活動を行う際に、政府から干渉を受けることもありません。

・しかし、おそらく最も重要な理由は、日本はイスラム国を含め、いかなる国に対しても宣戦布告をしない世界で唯一の国であるということです。なぜならば、日本の領土が侵された際の自己防衛の場合を除いて、いかなる軍事活動も、憲法によってはっきりと禁止されているからです。
・よって、日本の首相は「テロと戦う為」に2億ドルを拠出することを表明しましたが、決してイスラム国に対する軍事的行為を支援するものではありません。その2億ドルの支援金は、長期の紛争によって住む所を失ったシリアとイラクの難民を支援するためのものだと、すでに計画されていました。日本社会そして日本のメディアも、今では、支援金を言い表すのに、首相は「テロとの戦い」という言葉を使うべきではなかったと認識しています。なぜなら、その支援金はテロとの戦いの為ではなかったし、そのような目的の為には支援金を使えないからです。

一方で、我々イスラミックセンタージャパンは、イスラム国に対して警告します。日本人2人の人質を殺すことで、日本人のイスラムに対するイメージ、そして日本に住んでいるイスラム教徒に、とても大きな影響を与えることでしょう。このような影響に対して、我々は全能のアッラーの前で、イスラム国が責任を負うべきだと主張します。なぜなら、日本人の人質を殺すことについて、いかなる弁解の余地もなく、正当性もないからです。

人質の殺害は、コーランの教えにも反します。アッラーが、コーランのAl-Mumtahana(試問される女)章8節で述べられています。

「アッラーは、宗教上のことであなたがたに戦いを仕掛けたり、またあなたがたを家から追放しなかった者たちに親切を尽くし、公正に待遇することを禁じられない。本当にアッラーは公正な者を御好みになられる。」

従って、我々イスラミックセンタージャパンは、ただちに、そして無条件で人質を解放するように、重ねてイスラム国に要求します。

イスラミックセンタージャパン
(引用終わり)
Posted by: tachibana
先日、あるベテランの魔女の方と話をしていて、昔からある本に書いてあるような「精神疾患全般にいえることだが、こうした病気にかかってる人は魔術とか魔女とかに関わっちゃ駄目」というのはどうなのだろう?という話になりました。

ここていう「精神疾患全般」というのはちょっと極端すぎると思います。そもそも「all or nothing」で考えるのが間違いなのです。しかし「基本的には、精神疾患の人は魔術とか魔女とかの道にかかわらないほうが安全」だということは言えるのも事実です。

とはいえ「症状やタイプによっては・・・」と書くと、書いた人は「ではどういうのはOKでどういうのはだめ?」という質問にさらされるわけで。

だから、結局面倒なので誰も書かないわけですが、そうなると、元々の「精神疾患全般、かかってる人は魔術とか魔女とかに関わっちゃ駄目」だけが残ってしまい、そうなると「実際に精神疾患あったけど、実践しているうちによくなったタイプの人」が「私が証拠」という感じで全面否定に走る人が出てきます。

実際そういう「幸運な人」が存在するのは事実ですから、当然それを全面的に否定するのも間違いです。

しかし、それはものすごく稀な「レアケース」であり、私自身今までに「数人」しか見たことがありません。
逆に一気に精神疾患を悪化、時には壊滅的に悪化)させてしまった人は多くみましたし、ほとんどだったといっても過言ではありません。そしてなによりも「本人はよくなっている気持で」というケースが多いのが恐ろしい所です。

結局、結論というか、舞台裏をざっくばらんに言ってしまえば、よく本にある「精神疾患全般にいえることだが、こうした病気にかかってる人は魔術とか魔女とかに関わっちゃ駄目目」という言い方自体が書き手の手抜きであり、しかし、厳密な書き方をした場合の後の面倒を考えると誰も書きたがらない。

そして、本来の正しい中間(?)の形(つまり安全という意味)で対処できるだけの知識を持っている人が賛成派にも反対派にも絶無に近いのが問題なのだと思います。だったら「ダメ」という方が安全だし、人を不幸にする可能性の除去という意味で正しいと思います。

「でも実際私が」という人もいるわけですが、そういう人は「あくまでも自分がそうだった」というだけだということを謙虚に理解して、自分が最低でも精神医学のきちんとした正しい(最低でも医師免許所持レベル)知識を持った上でしか人には勧めてはいけない、ということを肝に銘じるべきだと思います。

結論としてまとめると、

「実践しても安全なケースでも、それを専門知識や経験(もちろん自分の個人的経験ではありません。指導者などの元で指導経験を積んだうえでの指導経験)を持った上で監督指導してくれる人の下で以外は危険である」

ということでしょうか。

ちなみに私の立場を付け足しておくと、私は「一般的な質問」で聞かれたときは「やめておいた方が良い」と答えることにしています。

しかし、一般論でなく「自分の問題」として聞かれた時は、きちんと病院で治療をした(しているでも可)上で、私も相手の病状や治療状況がわかった上でならばいくらでも相談に乗らせて頂くようにしていますし、実際そういう方も何人もいらっしゃいました。実際私自身鬱病の経験者でもあります。

最後にこのことは魔女・魔女志願者の全ての方がたまには他人事ではなく「自分はどうなのか?」という「自分の問題として」振り返ってみる時間を取るべきです。そういう時間を取ることも「大事な魔女の時間」なのですから。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 25 | 26 | 27 || Next»