«Prev || 1 | 2 || Next»
Posted by: tachibana
魔女になるにはどうしたらよいか?という質問はよく頂きます。
でもその方法は色々です。イニシエイションに至る手順(?)なども魔女の種類や流派によって様々です。

まづ、魔女になりたいと思ったら
「自分は魔女をどのようなものだと思っているか?」
「どのような魔女になりたいのか?」
等をしっかりと考えてみるべきです。そして、それは紙に書き出しましょう。

なぜ紙に書くのかといえば、頭の中ではきちんと考えたつもりでも、意外とそれはいい加減だったりするものだからです(これは魔女に限った話ではありません)。そして、それについてしっかりと検証することが大切です。

次に本などで知識を得ます。
でも本はかなりいい加減です。
なので、私が考えるペイガンとしての魔女の場合、それなりにキャリアの長い実践者に質問するなりするのが一番良いと思います。

これは私たちの世代からしてみればとてもうらやましいことです。昔はそもそも日本人に長く実践している人はいませんでしたし、インターネットなどという便利なものもなかったのでそれはそれは大変でした(笑い

もっとも、ウイッチクラフトの世界には実に多くの考え方があって、その中には明らかに危険な実践をしている人や、危険人物も残念ながら多いので、それを忘れてはいけません。

「あ、ベテランの魔女を見つけた!」

と浮かれて飛びつくと思わぬ危険や被害に遭うこともあります。
インターネットの発達と共にそうした危険は非常に大きくなっています。危険人物ほど目立つ行動をとりがちですし、興味を持ちたての初心者ほどそういう人に惹かれる危険性があります。ある意味危険人物や危険な実践をしている人ほど初心者には魅力的に映ることが多いのも事実ですからここは要注意です。

さて、20世紀になって異教の宗教的なものとして復活したウイッチクラフトなどではある程度学んだあと、魔女とコンタクトを取って、そこで最低「1年と1日」(厳密なものではもちろんありません)といわれる期間を経て、受け入れてもらえることになればイニシエイションを授けられる、というのがポピュラーな流れです。

そして、自分一人で進めていくにしても、運よく「1年と1日」を誰かに見てもらえる機会があったらその指示に従って、必要な訓練をしていきます。

今の時代では可能な部分は志願者に教えて知識をある程度持たせてから、それを材料にもう一度「魔女になりたいのか?」を考えてもらう方が良いと思っています。また志願者自身もその上で「本当に自分は魔女になりたいのか?」という質問を厳しく自分にぶつけるべきです。イニシエイションを受ける機会があっても、そうした自分への問いかけに自分で心底納得できる確信が得られてからイニシエイションを受けるべきです。

でも実際はこんな簡単に書けるものではありません。

またセルフではなく、普通にイニシエイションを受けるという場合、単純に「魔女になれるから!」と飛びついてはいけません。キャリアの長い魔女の実践者である友人とも一致した話ですが、なんと言っても流派やイニシエイションを授けてくれる師との「相性」はとても重要だからです。これをしっかりとチェックし、考えることは極めて重要です。一度イニシエイションを受けると子弟の間には、とても強い絆、言いかえれば魂のレベルでの絆が出来てしまいます。これは例えて言えば、親子のようなもので、しかもこれは「子が親を選んで生まれる」ようなものですから、選び間違えたらとんでもないことになります。しつこく強調しますが、師匠との絆の影響は相当強く、かつ永続的です。これは私自身、今も強く実感しています。
Posted by: tachibana
魔女にもっとも必要なものが何かを1つ上げるとすれば、という質問をされました。神性に対する信仰心などは当然としても、色々と悩ましい。
結局私がそこで答えた答えは

「魔女にとってもっとも必要なものを1つだけあげるとするならば、それはリベラル・アーツである」

でした。

もちろん、ここでいうリベラル・アーツは伝統的な三学四科ではなく自然科学、社会科学、人文学、語学のような現代的なリベラル・アーツ、つまり幅広い教養となるわけですが、これがないと自分の見聞きしたものや、見聞した情報等を正しく判断することができなくなってしまいます。

特に魔女の世界は「いかにも正しいことを言っているような評価を得ているまがい物」も多いので、このことは今後さらに強調しても足りないということはないでしょう。

インターネットが普及するということは便利な反面、初心者には特に弊害が多いのです。例えば、私がよく言うことの一つですが、たかだか数年(数年もあれば御の字ということすら多いのですが)で、その道のプロのように騙る人と、本当に長年の実績と積み重ねを持っているプロフェッショナルが同じように情報発信できます。また、まがい物が本物のように騙ることも多々あります。それだけに、安易な道、努力が大して必要がない道、楽しさを前面に押し出した道など、色々なものが出てきます。でも、それらはほとんどがまがい物であるか、あるいは価値のないものです。もちろんこれは魔女に限らずあらゆるジャンルで当てはまります。

そうしたものの真贋を見極めるためには「正確に判断するための必須道具としてのリベラル・アーツ」が絶対に必要なのです。

もちろん、自分の無知を悟ることや、人の話をきちんと聞く、といったような最低限のことも重要です。しかし、それができたとしても悲しいかな、最低限の知識がないとそれがまるで生きてこないのです。

若い人と話をしていてよく聞かされる「各種陰謀論」等も、まともな、しかもちょっとした知識がきちんと身についていればデマだと簡単にわかるものが、いかにもありがたい話のように騙られている、あるいは語っている人を、見ることがよくあります。これなどもリベラル・アーツがないとどうなってしまうかの良い例でしょう。

最近の話題では近々来日するオーストラリア(だったかな?)の人で、シーシェパードという犯罪集団の活動を尊敬して支援、などという犯罪者礼賛が魔法の為に必要なものの例として挙げているとんでもない自称魔女をありがたがっている人もいるようですが、こういうのもリベラル・アーツが決定的に足りない一例でしょう。

ともあれ、こう書きながら、やはり「魔女に必要なものを一つと言われたらリベラル・アーツ」というのは適切な答えの一つであるということがよりはっきりしてきたように思います。
Posted by: tachibana
よく考えて魔女になる決意もした。
本も一応読んでみた。

「さぁ、困った」

と、いうのがよくあるパターンではないでしょうか。
そこでまづどうするか、というのが今回の話題です。

魔女として次に踏み出すには、一般的に言えば、
①本などを頼りにセルフイニシエイションをする
②師となってくれる人を探す
③カヴンに入る
となります。これについて一つづつ説明したいと思います。

①セルフイニシエイション
これについては率直に言ってあまり参考になることはいえません。なぜなら私自身経験がないからです。
なので、これについては魔女の世紀シリーズの「魔女の聖典」を参考にするなりして、という感じだと思います。
セルフイニシエイションについては、WENの「本物の魔女の実践ガイド:ソロ・ウイッチ編」をしっかり読んでから行うのが良いでしょう。

②師となってくれる人を探す
これは一番簡単で一番難しいです。
まづ「教えられるレベル」の人が日本にはおそらく数人しかいません。
その上でそうした人を探し出し、弟子入りするのはなかなか難しいでしょう。
もっとも、本当に運命的な出会いというものもあることは事実で、そういう出会いに恵まれた人は文字通り「師は弟子の準備ができたときに現れる」という言葉を実感することになります。そういう意味では運さえあれば最も簡単な方法です。
ただ、運と一言で言っても現実には難しいと思います。
そこで、志願者はいろいろな場面で自分が真剣に師を求めていることをアピールしておく必要があります。
ただ、すぐに師匠になってあげます、というタイプの自称魔女も多いので見極めが大切です。
そういう人に出会ったときは相談していただけば、その人が真に師としてふさわしいかどうか、あるいは自分に実力がある、と誤解している人かをアドバイスできると思います。
見極め方としては
「自分から師匠になりたがる人」
「簡単に弟子にしてくれる人」
は、避けておくというのが間違いのない指針でしょう。

また、時々掲示板で「師匠募集」などという書き込みを見かけますが、そこで立候補してくるような人は論外です。同時にそういう書き込みをするというのも問題があることを指摘しておきます。

③カヴンに入る
実はこれが一番難しいと思います。
まづ、日本にはカヴン自体がほとんど存在しないからです。
私の知る限りでも片手で足りますし、日本人を受け入れているものはその中でもほんの一部です。
また、カヴンに入るには本人の熱意や資質だけではなく、既にいるメンバーとの相性の問題もあります。
また、リアルでの活動が基本になりますのでなかなかそこまで踏み切ることができない人も多いようです。
例えば、Oriental Wiccaもメンバーを受け入れる気持ちはありますが「オンラインでだめでしょうか?」「儀式に定期的な参加はできませんが学習だけでも」などという問い合わせを頂くことはあっても、真剣にリアルで参加したいといってきた人はほとんどいません。オンライン・カヴンでないのにそういうことを言われても対応できません。そうした参加希望者がカヴンをサークルとか学習団体のように考え、自分の都合に合わせて学ぶ場というように誤解している場合はけっこう多いと思います。
そもそもカヴンとは何か、ということをよく考えてみてほしいと思います。
その上でカヴンに入ることを希望する場合にはご相談下さい。
紹介も含めて相談には乗れると思います。
一つ注意したいのは、経験の浅い人たちが自分たちでカヴンを作ったり、そうした人たちのカヴンに参加することだけはお勧めしません。カヴンの運営というのは魔女としての知識や経験だけでなくかなり人生経験も必要です。
魔女として1人前になるのは10年くらいかかります。それでも駆け出しです。その上でカヴンを立ち上げたり運営できるようになるまでには更に10年くらいは最低でも必要です。このことはしっかりと憶えておいてください。そうでないとおかしな方向に流されてしまい、本来の魔女とはまったく違ったものにいつの間にかなってしまいます。

さて、こう書いてみるとどれも難しそうです。
現実的には①か私などのような魔女であることを明確に明かしている者に問い合わせをしてみるのが妥当なところだと思います。

こうしたことを参考にぜひ、次の一歩を踏み出す勇気を持っていただければと願っています。
Posted by: tachibana
自分が魔女になりたいということは確認した。行動を起こして一歩を踏み出そうとも心に決めた。そしてその次に…困ってしまった。という人も少なからずいると思います。

その次にすべきことは、実はいくつもの方法があります。ここで私もいくつかの例を挙げていきますが、もちろんそれだけというわけでもなく、また同じ例でもその中で更に違う方法はあります。ようするに、次のステップをどう進めるかは自分で考える必要があるのです。ここではその一例となるようなものをいくつかお話して、それを考える取っ掛かりにしてもらえれば、とおもいます。

魔女志願者は様々なきっかけで魔女になりたいと思ったと思います。多くは本を読んだり、ネットで何かを読んだり、というパターンではないかと思います。ですからまづ一つのパターンとしては「本を読む」というものがあげられます。私がお勧めできるものはWENから出ている楠瀬氏の本を読んでから国書刊行会から出ている「魔女たちの世紀」シリーズを読む、というパターンです。ネット上では新紀元社のものを薦めている人もいますが、あれは「もっともらしく書かれたゲーム、ファンタジー用の本」であり、実際の魔女になりたい人には間違いだらけでまったく役に立ちません。ついでに言えば、新紀元社の本を薦めたり、評価している人の言うことは無視しましょう。これだけでも間違いはかなり減ります。

また、「魔女たちの世紀」のシリーズもここでここの書評は避けますがそのまま鵜呑みにはできません。例えば評価の高いスターホークの「聖魔女術」は好き嫌いはともかくとして(実は私は好きではないのですが)良い本です。しかし、この日本語訳はかなり酷い間違いが多く、そのまま使うのは難しいでしょう。

なので、原書で本来読んで欲しいところなのですが、なぜか日本人は中学高校と6年間は英語を学んでいるはずなのにできない人が多いです。これはまったく不思議な事です。

「私は英語ができない人を軽蔑します」

と、格好良く言い切ってみたいのですが、実は私も高校卒業のとき「同じ問題で30点」がとれず、英語の卒業試験を7回受け、最後に当時の担当教師が消しゴムで私の名前を消し「自分の名前をアルファベットで書け…それで足りない点をやる…」と言われたくらい英語ができませんでした。要するに日本の学校英語が壊滅的にダメなのでしょう!!(と、いうことにしています)おかげさまでとりあえず、今は読めるようにはなっていますが苦労は後で散々しました…
と、英語でいかに苦労したかを書けば、この「魔女志願者から…」よりも延々書き続けることができてしまうのでこの辺にしておきます。

閑話休題。
ともかく魔女関係の書物は特に日本語で読めるものとなるとかなり悲惨な状況です。なので、次のような順番で読むとよいと思います。

①WEN(Witchcraft Education Network)の本を読む。
②魔女たちの世紀のシリーズを読む。

ちなみにOriental Wiccan Webは一般の人からかなりのベテランまで、レベルを意識せずに記事が散在しています。また、このブログや私の個人サイトはタイトルで大体どの段階の人を対象にしているかどうかがわかるようにしている「つもり」です。また、
・本を読んだり、実践したりする上でのガイドライン的な役割
・魔女の実情など
・本などではほとんど語られない「魔女の思想」の部分と信仰の実践

について書いています。(時々?脱線はします)

今の位置づけで言えば、

このブログ(サイト)を毎日読む
→WENの本を読む
→「魔女たちの世紀シリーズ」を読む
→このブログ(サイト)を毎日読む

という感じでしょうか。このブログ(サイト)を毎日読むというのはぜひ、これらの本を読んでいる間も続けてください。別に広告をしようというわけではなく、

・このブログを読むことで1日1回は魔女に関する事に触れることになる。
・最新情報などが掲載されることもある。
・多くの人の間違いを指摘することがあるので、ガイドラインとして使える。
・本で読むことが難しい具体的な事例や信仰についてが豊富。

と、言う効果があるからです。
逆にいえば、そういう風に活用して欲しいという気持ちから、どんなに忙しくても、体調が多少悪くても毎日更新を続けているのです。

そして…もっとも大切なのは、

「感想や意見をメールでもBBSでも送る」

これをすると私が喜びます(笑い そうすると、つい口(指)が滑って本来秘密の部分をうっかり書いてしまう「かも」知れません。

さて、それはさておき、このようにして知識をつけ、本の中にある指示に従って自分で訓練をしてみる、ということから始める、という方法があるでしょう。

ただし、本を読むだけでは知識を得ることだけで満足してしまったり「本を読んでいるから」という言い訳をしてそこから先に進まず、

「永遠の魔女志願者」

と、なってしまうこともありますので要注意です。
でも、まだこうした本を全然読んでいない方でしたら、これが最初の一歩になるでしょう。

☆今回のポイント☆

・魔女になりたいと確認し、一歩を踏み出す決意をした後にすべきことは、次のステップをどう進めるか自分で考えることである。
・本物の魔女になりたい魔女志願者は、きちんとした本を読むようにすること。
・基本となる書もつき読み方はWENの本を読んでから、魔女たちの世紀のシリーズを読むのがスタンダード。
・このブログや私のサイト、Oriental Wiccan Webは必づ目を通す。
・本を読んで知識を得ることだけで満足してはいけない。
・こうした本を全然読んでいなければ、これが最初の一歩になる。
Posted by: tachibana
魔女のカヴンに入ることにしろ、魔女になることにしろ、現実的にどの程度の厳しさか、とくにカヴンについてはどういう基準があるのか、という点がよく誤解されているような気がします。

つまり、「魔女の世界は厳格な秘密主義で、なんでも秘密」だから、外部には絶対に漏れてこない、という極端な秘密主義(たしかに魔女狩りの時代の魔女はそうですが)を信じている人がいます。そうかと思うと、「カヴンはすぐ入れる気楽なもの。結成も簡単」、「魔女になるのは簡単、自分は魔女だ!と宣言すればよい」という感じにカヴンに入ることや「魔女になること」を、クラブに参加するように気軽なものだと誤解している人もいます。

 「これはどちらも間違いです」

まづ、カヴンを簡単にかたちだけで説明すると、一人では行えないようなパワフルな儀式を行うために、十分な知識と経験を持った、気の合った人で構成されたものです。ある意味ファミリーのようなもの、といっても良いでしょう。ですから当然、そこに入るには簡単ではないし、かりにカヴンと志願者のお互いが同じカヴンでやっていこうと思えたとしても、いろいろな条件の問題で入れない場合も多いのです。また、それ以前にカヴンの一員となるためには自分がそのために何をすればいいのか、どんな努力をするべきか考える必要があります。これはこういうたとえをするとわかりやすいかもしれません。つまり、自分の家族に養子縁組などで成人の家族の一員を増やすようなもの、というたとえです。これがなかなか難しいということは誰でもがイメージできるのではないでしょうか。

だからといってカヴンが全くの初心者を受け入れないわけでは当然ありません。十分な知識と経験を持った魔女も、最初はみんな初心者です。カヴンのメンバーと連絡をとるチャンスがあったらそこから、色々なやり取りをしていき、あなたの考え方や、どんな魔女になりたいか、WiccaやWitchcraftという宗教になにを求めているか…などをいろいろな形で聞かれます。そして、それらの全てを吟味した上で「仲間となれる人」にはカヴンに参加できる道が開かれるのが普通です。

また、魔女やカヴンの秘密主義的な部分はどこにあるかというと、1つは魔女の教えの中で同じ考え方や流派の魔女同士、あるいは同じカヴンのメンバーにしか教えないことが存在することと、何よりも、カヴンなどならばその存在自体を秘密にしていることが多いのです。例えば、Oriental Wiccaは存在自体はこのように公表している数少ないカヴンですが、そのメンバーにどんな人がいるか?何人いるのか?などは一切公開していません。このように「秘密にする部分」と「オープンにする部分」が微妙なバランスを取っているのです。そしてその秘密にするものの度合いは各々違うのです。

ソロの魔女になる場合、つまり一人で魔女の道を進んでいく場合でも、似たようなことはいえます。つまり、本などを読んで独学でこの道を進んでいくことはある程度までならできますが、ある程度で終わってしまうのも事実なのです。たしかに海外には立派なソロの魔女もたくさんいます。しかし、そうした人たちはたいてい、どこかのカヴンで長年のキャリアを積んだ上で、あえてソロの道を選んだ人、というのが圧倒的多数です。第一、魔女として本当に大切な部分は絶対に本に載せたりして公開されることは無いのですから、本だけの独学ですと、最後まで秘密の部分を知らないで終わってしまうのです。

もう1つ大切なことを書きたいと思います。魔女の方やカヴンに運良く接触することができた場合、自分のこと(本名、住所など)は教えたがらないで、ひたすら質問ばかりしてくる人がいます。実際私のところに来るメールもそういうものが8割以上を占めます。こういうメールには私ですら、ある程度以上はお教えしないことにしています。秘密ではないにしても、貴重な情報を自己紹介もきちんとしない人に教えたいと思う人はいないでしょう。これは一般社会でも、ネットの世界でも何でも同じです。きちんと一般社会で守るべきルールと同じ常識と良識は絶対に必要です。これは魔女うんぬん以前の問題ではありますが。

魔女になることを必要以上に大変だと思うことは間違っていますし、だからと言って簡単に考えてしまうのも問題です。その辺の距離感を正しく持つことも、ある意味、将来魔女になるための自己訓練の一つといえるのです。

☆今回のポイント☆

・魔女のカヴンを極端な秘密主義と思うことも、気楽なもので結成も簡単な気軽なものと考えることも間違いである。
・カヴンは一人では行えないようなパワフルな儀式を行ったりするファミリーのようなものである。
・魔女やカヴンの秘密主義的な部分は「秘密にする部分」と「オープンにする部分」が微妙なバランスを取っていて、秘密にするものの度合いは各々違う。
・本などを読んで独学でのソロ魔女はある程度で終わってしまうことが多い。
・立派なソロの魔女は、どこかのカヴンで長年のキャリアを積んだ人が多い。
・魔女として本当に大切な部分は絶対に本などで公開されない。
・本だけの独学では、最後まで秘密の部分を知らないで終わってしまう可能性が高い。
・一般社会で守るべきルールと同じ常識と良識は絶対に必要である。
・魔女になること難易の距離感を正しく持つことは、将来魔女になるための自己訓練の一つともいえる。
«Prev || 1 | 2 || Next»